電気電子計測(電気電子工学科2年・通年)
 

授業の目的と概要

授業の目的と概要
 各種電気計測器の動作原理と使用法,各種センサの特性などの基礎的事項を理解して,各種物理量の計測法の知識を習得する.また,第二種および第三種電気主任技術者試験の科目「理論」に必要な電気電子計測の知識を習得する.

授業の詳細
 シラバス
 

2018/11/21

H30年度後期中間達成度試験(電気電子計測)の範囲

Tweet ThisSend to Facebook | by nabe
試験範囲
 「4.抵抗の測定」「7.オペアンプ」「5.インピーダンスの測定」「6.各種電気計測器」の実施したところまで
 4.1 抵抗の種類(巻線抵抗器の等価回路)
 7.3 オペアンプを用いた各種回路(微分回路,積分回路,減算回路,定電流回路)
 5.1 抵抗,コイル,コンデンサとそれらの等価回路
 5.2 交流ブリッジによるインピーダンスの測定
 5.3 LCRメータによるインピーダンスの測定(測定理論式を除く)
 6.1 A/D変換器とディジタルマルチメータ
 6.2 オシロスコープ
 6.3 周波数カウンタ
勉強方法
 ノートを中心に勉強しておくこと。また,式の導出ができること。要点を以下にまとめますが,授業で取り扱ったことを中心に出題しますので,この要点通り出題されない可能性があります。
 ・巻線抵抗器のインピーダンスを計算できるか?
 ・オペアンプを用いた各種回路の動作について式を使って説明できるか?(微分回路,積分回路,減算回路,定電流回路)
 ・オペアンプを用いた各種回路を設計できるか?
 ・オペアンプの用途について説明できるか?
 ・抵抗器,コイル,コンデンサとそれらの等価回路は?
 ・交流ブリッジによる抵抗,インダクタンス,静電容量の測定方法は?
 ・LCRメータとはどのような計測器か?
 ・ディジタルマルチメータの構成は?
 ・A/D変換器の原理は?
 ・ディジタルオシロスコープの基本構成は?
 ・ディジタルオシロスコープの目盛(スクリーン)は?
 ・オシロスコープのDCモードとACモードとは?
 ・オシロスコープのプローブの等価回路は?
 ・オシロスコープの周波数特性は?
 ・直接計数方式周波数カウンタの動作原理は?
取り扱った問題(類似も含む)
 プリントの例題を解いてみてください。
 夏季自主研修期間中の課題や授業中解いた問題を復習してください。
受験上の注意
 教科書・電卓の持ち込みは出来ません。

17:56