あしあと

自己ベスト記録一覧
 記録を見る限り,大した選手じゃないことがおわかり頂けるかと思います・・・

400m60秒93北信陸上競技選手権大会長野市営1989.8.27
800m2分30秒8諏訪大社陸上競技大会下諏訪町営1990.6.24
1500m4分47秒33北信陸上競技選手権大会長野市営1990.8.19
5000m17分28秒5全信州陸上競技大会上田市営1990.10.7
10000m36分34秒8国民体育大会長野県予選会松本運動公園 1990.9.15
10km35分32秒聖高原ロードレース大会麻績1990.11.11
10マイル1時間12分06秒長野県ロードレース伊那大会伊那2005.3.6
20km1時間16分54秒 聖高原ロードレース大会麻績1991.11.24
30km2時間46分09秒 大町アルプスマラソン大町市1989.10.8
42.195km3時間48分25秒 長野オリンピック記念長野マラソン 山ノ内~長野 1999.4.18
<参考記録>    
10マイル1時間02分19秒 長野県ロードレース須坂大会須坂1998.12.6

絵文字:お知らせ陸上競技を始めたころ

 高専に入学してから本格的?に陸上競技を始めました。私が入った当時,5000m16分台の先輩が大勢いて,その中で練習することになりました。当然,先輩たちに付いていけるはずがありません。それでも食らいついて頑張った成果が徐々に現れ始め,10km以上のレースでは安定した走りができるようになりました。1年の時に聖高原ロードレース(東筑摩郡麻績村)の20kmに出場して,昭和28年ボストンマラソン優勝の山田敬蔵氏と競り合ったおかげで10位に入賞,山田氏に「これからももっと走り込みなさい」とアドバイスを頂いたのが印象に残っています。
 2年次以降はいいことがありませんでした。1年の学年末にロードで猛練習した原因かどうかわかりませんが,花粉症になり,以降毎年春は練習できない状態に陥りしました。また,ただでさえ遅いのに10000mに凝り始め,長野県選手権など県の主要大会で6回も最下位をマーク,審判員に「あと○×周だ。諦めるな!」と言われる始末でした。よく走ったと自分を褒めたいですが,審判員の皆さんには最後まで走らせていただいて感謝しています。
 3年とき,高専大会に出場できるチャンスがやってきました。1500mの選考レースに出場したのですが,スキー部所属の選手に敗れ,砲丸投に出場することになりました。競技場内にカメラを持ちながら競技をして審判員に怒られ(もっと真剣に投げろと言いたかったのでしょう。反省。)記録も良く覚えていませんが,6m台のひどい記録だったと思います(記録は紛失して迷宮入り)。
 4年のときは念願の5000mに出場することができました。千葉県富津臨海公園で走ったのですが,猛暑でバテバテ,18分18秒8で8位。あまりチームに貢献することができませんでした。この悔しさをバネに夏・秋と走り込み,秋の20kmレースで1時間16分台で走りきりました。このときが私の競技生活のピークでした。
 5年は大学受験のため完全休養。受験が終わって練習を再開したものの,大した結果を残すことができませんでした。


絵文字:お知らせ大学生~現在

 大学に編入学して,3年次はほとんど練習しませんでした。4年次になって,夏の関東信越地区高専大会の審判をする機会がありました。長野陸協の記録委員長の先生から「記録処理をパソコンでしてみないか」と持ちかけられ,卒業研究と大学院の試験勉強そっちのけでBASICでプログラムを完成させて,トラック競技のみ記録処理を行いました。長野陸協初の試みだったと思います。
 この大会の審判員をして,もう一度走りたい気持ちが強くなり,練習を開始しました。朝学校に行ってから着替えて1時間程度走ってから研究室で実験をするパターンでした(先生,ごめんなさい)。徐々に走る感覚は戻ってきましたが,自己記録更新には至りませんでした。
 就職してから陸上競技部の顧問になりました。学生と一緒に練習していますが,なかなか勤務との兼ね合いで練習時間を確保するのが難しく,休みがちになっています。

 現在は審判員をするのがメインとなってしまい,トラック競技からは離れていますが,学生と一緒にロードレース大会に出場しています。1999年から開催されている長野マラソンに出場しています。